20130227150254

「ダイエットをした時に便秘になって困った」という話を聞いたことはありませんか?・・・実はこれ、いくつかの原因が可能性として考えられます。

その① 過度な食事の制限

減量の際、極端に食事の摂取量を減らすということは、便を作る材料そのものが減ってしまい、同時に腸への刺激も少なくなるため、便を肛門の方へと押しやる「蠕動(ぜんどう)運動」が弱くなるために便秘になる場合があります。

普段お通じに何の問題も無い方でさえもダイエットで便秘を誘発することがあるのですから、元々便秘が習慣になってしまっている方に、やたらな食事制限をするようなダイエット法は勧められません。

その② 偏食ダイエット

バナナダイエット、こんにゃくダイエット、りんごダイエット、豆腐ダイエット、キムチダイエット、納豆ダイエット、ヨーグルトダイエット、キャベツダイエット・・・etc.

毎日特定の食品・商品だけを食べるタイプの減量法が、古今東西を問わずにわかにブームになることがあります。どこでも手に入れやすくい食材を取り上げて、実践法を非常に簡単にイメージ出来るように宣伝するので、つい飛びついてしまう傾向にあります。キレイな女優やタレントさんが広告塔になっていれば尚のことですね。

しかし偏食をするということは、腸内のバランスも一気に崩れてしまうため、ダイエット中の便秘に陥るだけでなく、腸内の悪玉菌が増えて異常醗酵が進み、お腹が張ったり、便臭やガスの臭いが気になるパターンが多いようです。

その③ 水分補給の不足

「水太り」などという間違った表現を信じている方は意外に多いようですが、ダイエットのために水分の制限をすることはあり得ません。食事の制限をすれば、本来食事の際に摂取するはずの水分も制限されてしまうので、むしろ水分摂取を意識しないといけない程です。

腸内の水分量が減ると、前述した「蠕動(ぜんどう)運動」は鈍くなり、また便も硬くなるため便秘状態を悪化させますので、まさに悪循環といえるのです。

その④ 筋力の低下

間違ったダイエットをすると、腹筋(いきむ力)が弱くなり、便秘に陥ることがあります。ダイエットだけでなく、大病をされたり加齢とともに便秘がちになるパターンにもこれが多いです。

漢方薬以前に「腹筋運動をしただけで、便秘が解消した」というお客様は数多く居ます。

せっかく順調に体重が落ちていたのに、便秘になったのでダイエットを中断してしまって、せっかくの努力を無駄してはいけません。

あなたが美容目的だけでなく、腸内環境や内臓機能の向上も視野に入れてのダイエットに取り組むならば、少なくともこれらのリスクは避ける必要があります。

その他、ダイエットに関してはこちらの記事も参考にしてください。

 ご相談希望の方へ

漢方相談専門、山浦卓(薬剤師/医学博士)と対面での個別カウンセリングをご希望の場合はこちらからお願いいたします。

☎:0120-045-310(通話無料)

またはネットから。RESERVA予約システムから予約するクリック!

『ブログで一問一答』へのご質問を募集中です。

こちらからご応募ください! https://045310.com/blog/ichimonitto-form/