BLOG

2012.07.24ブログで一問一答

よく聞かれる黒酢Q&A(初めての方編)

血液サラサラ(赤血球変形能改善作用)だけでなく、様々な生理機能が証明されている「1年醗酵熟成 坂元のくろず(1,000ml・赤箱入り)」ですが、今回はこの黒酢に関して、よく質問を頂く内容をQ&A形式にして、まとめておきます。

Q1.お店には色々な黒酢が並んでいますが、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。体に良いお酢を教えて下さい

「くろず」と称して ①米黒酢 ②速成酢 ③混合酢 の3種類が流通していますが、血液サラサラ効果は「飲む酢」として有名になった「米黒酢」でのみ証明されています。

健康には①の「米黒酢」をお選び下さい。

※米黒酢は、流通しているお酢全体の3割程度しかありません。残りの7割は単純に調味料として用いる一般のお酢です。これらに”血液サラサラ効果”を期待するのは酷です。

参考:あれも黒酢?これも黒酢?分かりにくいので食酢品質表示基準で確認してみた

 

Q2.”米黒酢”もたくさんあります。更に見分ける方法、選ぶ方法はありますか?

酸っぱい味や匂いでは区別が出来ませんので、次の①②③を参考にして下さい。

①化粧箱に付されている、国(行政)やメーカーの認証印(下図参照)があるかどうか?

Eマーク

品質と信頼の証

本場の本物マーク

原料と製法の証

JAS規格

日本農林規格

1年発酵熟成マーク

生理機能が確認された熟成期間と濃度

GIマーク(特産品の地理的表示:農林水産大臣登録第7号)

GI-mark2015年12月より「鹿児島の壺作り黒酢」は生産方法・生産地およびその特性により、高い評価を得た産品を保護する制度「地理的表示保護制度」として農林水産省により登録され、ますます信頼度が高まりました。

②原料名の記載がお米、玄米だけを使っているかどうか?

③アルコール添加などの表示が無いこと

・・・など。

 

Q3.「くろず」の原料は何?またその内容を詳しく教えて下さい

国産(鹿児島県産)の米と、米からつくる麹(こうじ)、そして水(地下水)だけが原料です。お米は3分搗きの玄米を使用しています。

日本農林水産省規格基準では、米酢には2種類あり、下記の通り規定されています。

米酢: 1リットルのお酢を製するのに必要な米原料  40g以上

米黒酢: 1リットルのお酢を製するのに必要な米原料 180g以上

※1リットルのお酢を製するのに必要な米原料 250g以上を用いている、食創科学選定の黒酢は、この基準をはるかに上回ります。(参照記事はこちら

 

Q4.「くろず」を飲む目安は1日にどれくらいですか?

くろずは専用の容器(フォームサーバー)にハンガリー産アカシア単蜜と合わせて「単蜜くろず」として、水で薄めて用います。(商品はこちら

この「単蜜くろず」を1回20㏄ずつ、朝・夕2回 お飲み下さい。

※「単蜜くろず」20㏄に含まれる「くろず」の量は約10㏄です。朝・夕2回の摂取で1日に20㏄の「くろず」を飲まれたことになります。

※九州大学健康科学センターにいらした藤野武彦先生(現在は名誉教授)によって、毎日20㏄の「くろず」が様々な生活習慣病を改善することが実証されています。

 

ご参考になりましたか?

一口に「黒酢」と言っても、店頭ではあまりにも種類が多過ぎて、消費者を混乱させているのが現状です。もしもお悩みの際には、ワタシにお声掛け下さい。

アイテム選びのお手伝いが出来ます。

 

黒酢をすでに飲んでいる方からのQ&Aはこちら

黒酢をすでに飲んでいる方からのQ&Aはこちら

 

ご相談希望の方へ

山浦卓(薬剤師/医学博士)と対面での個別カウンセリングをご希望の場合はこちらからお願いいたします。

0120-045-310(通話無料)
またはWebから ⇒ ⇒ https://reserva.be/santo/

 

『ブログで一問一答』へのご質問を募集中です

こちらからご応募ください! https://045310.com/ichimonitto-form/



ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームより
お問い合わせください

0120-045-310