BLOG

2018.06.01>「くろずらっきょ」の食べ方バリエーション

「くろずらっきょ」を漬けた汁で作る、きゅうりの佃煮。(漬け汁が無くても出来ます)

このカテゴリでは、数ある「黒酢」の中でも、健康に役立つことが大学や公的機関と共同で研究され続けている「坂元のくろず(1年醗酵熟成・赤箱)」を、日常の食事で摂り入れるための色々なおかず(レシピ)をご紹介しています。

今回は黒酢ラッキョウの漬け汁を利用した、きゅうりの佃煮です。箸休めにはもちろん、お茶漬け・お酒のつまみなど食卓のマルチプレイヤーとして大活躍すること間違いなしです。

材料 パターン1(くろずらっきょの漬け汁を用いる場合)

  • きゅうり ・・・ 1kg(10〜12本くらい)
  • 塩(きゅうりの下漬け用)・・・ 大さじ1
  • くろずらっきょの漬け汁・・・ 80ml
  • 坂元のくろず(1年発酵熟成)・・・ 10ml
  • たんみつ・・・ 大さじ2程度/li>
  • しょうゆ・・・ 50ml
  • しょうが ・・・10〜20g(千切り)
  • 鷹の爪・・・1〜2本(輪切り)
  • 塩こんぶ・・・ 20g
  •  

材料 パターン2(くろずらっきょの漬け汁が無い場合)

  • きゅうり ・・・ 1kg(10〜12本くらい)
  • 塩(きゅうりの下漬け用)・・・ 大さじ1
  • 坂元のくろず(1年発酵熟成)・・・ 70ml
  • たんみつ・・・ 大さじ4〜5程度
  • しょうゆ・・・ 50ml
  • 本みりん・・・ 15ml
  • しょうが ・・・10〜20g(千切り)
  • 鷹の爪・・・1〜2本(輪切り)
  • 塩こんぶ・・・ 20g

 

作り方

  1. きゅうりを2mm幅でスライスして、塩をまぶし一昼夜重しをしておく。
  2. 塩漬けしたきゅうりを水切りする。全力で水気をしぼってください。
  3. 大きめの鍋に、水切りしたきゅうりと塩こんぶ以外の材料を入れ、水分が無くなるまで強火でかき混ぜながら煮る(※弱火だと歯ごたえの無い仕上がりになるので要注意)
  4. 水分が無くなったら火を止める。
  5. そのまま適当に冷ましてから塩こんぶを混ぜて出来上がり。

※たくさん作って少量ずつ小分けにし、冷凍庫で保存すると冬まで食べられます。 ご家庭で「くろずらっきょ」を作る場合のレシピも公開しています。

 

その他のレシピ

 

くろずについてはこちらの記事も参考にしてください

kurozu
手作り天然「くろずらっきょ」等、商品のお求めはこちらから

※盛り付けに使用したお皿は浅見五郎助さんの作品です。
https://045310.com/gorousuke-2/

 

ご相談希望の方へ

山浦卓(薬剤師/医学博士)との個別カウンセリングをご希望の場合はこちらからお願いいたします。

0120-045-310(通話無料)
またはWebから。 https://045310.com/contact/

 

『ブログで一問一答』へのご質問を募集中です

こちらからご応募ください! https://045310.com/ichimonitto-form/

※商品の購入のみをご希望の場合は、ネットショップでも承ることが出来ます。
※ネットからのご注文は休業中も含めて24時間、常にお受付しております。



ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームより
お問い合わせください

0120-045-310