BLOG

2013.09.11>お酢すめ、お酢レシピ

イカとブロッコリーの塩煮込み

このカテゴリでは、数ある「黒酢」の中でも、健康に役立つことが大学や公的機関と共同で研究されて続けている「坂元のくろず(1年醗酵熟成・赤箱)」を、日常の食事で摂り入れるための色々なおかず(レシピ)をご紹介しています。

今回は、肝臓の働きを助けるタウリンを含むイカを使ったレシピです。ブロッコリーにはビタミンCが豊富で、風邪の予防におすすめです。

材料(4人分)

  • イカ・・・200g
  • 卵白・・・2個分
  • 水溶き片栗粉・・・適量
  • (★)坂元のくろず(1年醗酵熟成・赤箱)・・・大さじ2
  • (★)酒・・・大さじ1
  • (★)砂糖・・・少々
  • ブロッコリー・・・1株
  • 水・・・1カップ
  • 鶏がらスープの素・・・小さじ2
  • (★)塩・・・ひとつまみ
  • (★)旨味調味料・・・適量
  • ごま油・・・適量

作り方

  1. イカは胴と内臓をはずし、骨を抜き取る。皮をはいで1枚に開き、きれいに洗う。格子状に切り目を入れて、短冊切りにする。片栗粉(分量外)でもみ洗いし、水で流す。
  2. ブロッコリーは一口大に切り分け、茹でておく。
  3. 鍋に水、鶏がらスープの素、1.のイカを入れて、沸騰したらアクを取る。
  4. 2.のブロッコリーと★印の調味料を入れて味を調えたら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
  5. 卵白を入れて、ごま油を加えて出来上がり。

はたらき

低カロリーでダイエットをしている人に人気のイカは、血中コレステロールを下げるタウリンや発育促進・味覚調整をする亜鉛、脳神経の働きを助けるナイアシン、細胞の再生やエネルギー代謝を促すビタミンB2を含みます。

また中医学(漢方)では、イカ墨の補血作用を活かして、粉末を狭心症に用います。また甲は生理不順、月経異常に用いることもあります。

次にブロッコリー。ビタミン類、ミネラル類をバランスよく含んだ人気の緑黄色野菜です。ビタミンC、カロテン、鉄分を多く含み、体内でのコラーゲンの合成を活発にするので美肌効果も期待できます。

更には食物線維も豊富なので、動脈硬化た便秘の予防にもピッタリ。漢方的には腎機能を強化して虚弱体質を改善、胃腸を丈夫にする食べ物として扱われています。

くろずについてはこちらの記事も参考にしてください

その他のレシピ

kurozu
【坂元のくろず(1年醗酵熟成・赤箱1000ml入)等、商品のお求めはこちらから ⇒ https://045310.com/netshop/?cat=9

ご相談希望の方へ

山浦卓(薬剤師/医学博士)と対面での個別カウンセリングをご希望の場合はこちらからお願いいたします。

0120-045-310(通話無料)
またはWebから ⇒ https://reserva.be/santo/



ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームより
お問い合わせください

0120-045-310