BLOG

2013.05.03ブログで一問一答

「純粋蜂蜜」という表示の甘~い罠(わな)

「純粋蜂蜜」という表示の甘い罠(わな)

よく「純粋蜂蜜」という表示を目にしますが、これは必ずしも商品の品質を保証出来ていないという事実が発覚。

2007年に読売新聞のスクープとして取り上げられて業界は大変な騒ぎとなりました。

「純粋はちみつ」に加糖の疑い、公取委が不適正表示で調査

はちみつ商品に関する適正表示を推進する社団法人「全国はちみつ公正取引協議会」(東京都中央区)の定期検査で、規約に反して人工甘味料などの混入が疑われる商品が、過去7年間で延べ120点、検査対象の約2割に上っていたことが、読売新聞の入手した資料でわかった。

いずれも「純粋はちみつ」のラベルを付けており、「偽はちみつ」が出回っている可能性がある。同協議会は、各業者に注意や警告しただけで十分な調査をせず、検査結果も公表していない。公正取引委員会では問題を重視し、調査に乗り出した。

同協議会は景品表示法に基づき、公取委の認可を受け設立された公的機関。年1回の定期検査では、会員業者が扱う商品から100点前後を選び、専門の分析機関に依頼して成分鑑定などを実施している。

混入の疑いは、異性化糖(でんぷんなどを原料とする人工甘味料)と、水あめ類の含有を調べる検査で浮上した。2000〜06年度の検査対象は延べ610点で、他の成分の混入を示す陽性となったのは、異性化糖の検査では同100点、水あめ類の検査で同20点だった。

はちみつは日本農林規格(JAS)による基準がないため、同協議会が公正競争規約に定める基準が、国内唯一の指標となる。それによると、はちみつは「みつばちが花みつを採集し、巣に貯(たくわ)え熟成した天然の甘味物質」で、異性化糖や水あめなどの混入商品は「純粋はちみつ」とは表示できない。

昨年10月には農林水産省の調査で、当時、同協議会の会員だった都内の業者が、コストダウンのため、2割もの異性化糖で水増しした商品を「純粋はちみつ」として販売していたことが発覚、不適正な表示だとしてJAS法違反で改善指示を受けた。この業者の場合、同協議会の定期検査でも異性化糖が検出されたことがある。

同協議会では陽性反応が出た場合、業者に注意文書を送り、2〜3回目になると警告している。規約では、違反者には事情聴取など必要な調査を行い、警告した時は文書で公取委に報告すると定めているにもかかわらず、同協議会は事情聴取を怠り、公取委への報告を一度も行っていなかった。7年間の全検査では延べ21業者に警告し、同141業者が注意とされたが、いずれも個別の業者名は公表されていない。

同協議会は「同業者間では踏み込んだ調査がしにくく、人員が限られていることもあり、手続きを怠ってしまった」と説明する。

NPO法人「食品と暮らしの安全基金」の小若順一代表は、「検査の結果は消費者にも広く公開すべきだ。協議会は形骸(けいがい)化しているのではないか。真のチェック機関をつくることが必要だ」と指摘している。

(2007年5月14日 読売新聞)

毎日摂取するならば「純粋蜂蜜」ではなく、「単蜜(たんみつ)」を

「ハンガリー産アカシア蜂蜜 単蜜(たんみつ)」は名前の通り、アカシアの花だけから採取されるハンガリー産のアカシア蜜100%の一切混じりけの無い品質を誇ります。

ハンガリー産アカシア蜜は日本産のレンゲ蜜と並び、はちみつ界の2大ブランドとされていて、品質・味・香りは世界中で高く評価されています。

単蜜(たんみつ)

ここからはQ&A形式で、説明していきましょう。

Q1. 単蜜は毎日摂っても、飽きが来ないのはなぜ?

A1. 溶けやすく、上品であっさりした味だからです。「坂元のくろず」の味をまろやかにして、飲みやすくし、また長期間飲み続けても飽きにくいのが特徴です。

一般的な「純粋蜂蜜」はブドウ糖が多く濃密のため、甘味がくどく、飽きやすいのが難点ですね。

Q2. 毎日摂っても、中性脂肪値が上がりにくいと聞きましたが、なぜですか?

A2. 「坂元のくろず」に合わせる単蜜(たんみつ)の量は、1日に15~20gです(※リンク先ページ下部を参照)。

このうち果糖の比率は44%(ブドウ糖は28%)です。

果糖の摂取量上限は60g。ブドウ糖量を加えても、中性脂肪や皮下脂肪の増加には問題になりません。

高脂血症の方でもハンガリー産アカシア単蜜(たんみつ)は、安心してお使い頂けます。

Q3. 血糖値の高めの人、太りやすい人にも使えますか?

A3. 単蜜(たんみつ)はブドウ糖よりも多く含まれている果糖が、血糖値を一定以上には高めないようにコントロールしますので、太る原因にはならないでしょう。

糖尿病の方、体重やスタイルを気にされる方にもおすすめです。逆に「純粋蜂蜜」はブドウ糖の比率が高い場合が多いため、糖尿病の方には注意が必要です。

「食事と健康」に関しては、次の記事も参考にされたい

tanmitu
ハンガリー産アカシア単蜜(たんみつ)のお求めはこちら

 

その他、漢方薬については

また上記以外にも沢山の処方があり、同一人物でもその時その時で用いる方剤(薬)が違うことがありますので、自己判断をせずに漢方相談専門の薬局・薬剤師に相談しましょう。

ここもご一読ください。

 

ご相談希望の方へ

山浦卓(薬剤師/医学博士)と対面での個別カウンセリングをご希望の場合はこちらからお願いいたします。

0120-045-310(通話無料)
またはWebから。 https://reserva.be/santo/

 

『ブログで一問一答』へのご質問を募集中です

こちらからご応募ください! https://045310.com/ichimonitto-form/

※商品の購入のみをご希望の場合は、ネットショップでも承ることが出来ます。



ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームより
お問い合わせください

0120-045-310