BLOG

2018.08.23四方山ばなし

情理一体。人情と道理のあるべき順序は条件によって変わる

父から教わった「情理一対」

子供の頃から聞かされていた話。私はお客様が相手の場合や家族と話をするときなど、いつもこれを意識しながらお話をしています。

正しくは「情理一体」みたい。なぜか「一対」で覚えていた。

勘違いって怖いですね〜(^-^;

つまり正解は下の通り。

  • 他人が対象の場合……  情≧理
  • 家族・身内が対象……  理>情

注意点

(´-`).。oO(以上、とりとめもないお話でした

その他のコラム



ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームより
お問い合わせください

0120-045-310