BLOG

2012.02.05Tips(ヒント)あれこれ

便秘をあきらめていませんか?冷え性の自覚が無いのに寒がりの人も

排便時に便を押し出す腸の動きを「蠕動運動(ぜんどううんどう)」と呼び、この「蠕動運動」が最も活発に行われるための条件がありあます。

腸管の温度が【体温(平熱)+ 1.5~2℃】くらいまで高まっていること。もちろん頭の中で「温かくなれ!」なぁんて考えても、意図的に腸管温度を高めることは出来ません(>.<)
すでに慢性的な便秘をしている、または便秘気味の方は、もしかするとお腹を温める力が不足しているのかもしれません。

ですから便秘症の方が同時に「冷え性」を訴えるケースが多く見られるのです。

おもしろい事に、「冷え性の自覚は無いけど寒がりだ」…という方も居ます。

夏でもニット帽をかぶったり、無意識に火の側で(手をかざしたりして)暖を取ろうとするタイプで、畏寒と表現されます。これも要注意。

そういった場合は、お腹はもちろん身体全体を冷やさないよう、生活習慣を見直します。

例えば、生野菜(サラダなど)を食べる頻度が高いとか、日本茶やウーロン茶をしょっちゅう飲む方。

これら(クールダウン食品)は熱を持った身体を冷ます働きがありますので、冷え性の方が摂取し過ぎるとあまりよくありません。

また忙しいからと言って入浴をシャワーだけで済ましてしまうと、皮膚の表面しか温まらないので、言葉通り身体の芯まで温めるよう心掛けると良いでしょう。

睡眠時間を30分削ってでも、きちんと湯船に浸かって身体を温めた方が、はるかに休息が取れ、翌日に疲れが残りません。

「便秘」や「冷え」をお持ちの方はこういった、食生活や入浴法等の、ちょっとした生活習慣を見直すだけでも、薬を使うまでもなく症状が改善する場合もあります。

「生活習慣の見直しだけでは、うまく行かない」という方は、こちら!

 

ご相談希望の方へ

山浦卓(薬剤師/医学博士)と対面での個別カウンセリングをご希望の場合はこちらからお願いいたします。

0120-045-310(通話無料)
またはWebから ⇒ ⇒ https://reserva.be/santo/

 

『ブログで一問一答』へのご質問を募集中です

こちらからご応募ください! https://045310.com/ichimonitto-form/



ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームより
お問い合わせください

0120-045-310